インターネットの情報

歯ブラシセット

歯医者さんは何のために存在するのかと問われれば、多くの人の答えは「悪くなった歯を治してもらうため」となります。
しかしこれは存在意義の一面しか言い当てていません。
歯科医院とは、歯の病気を治療するための場所であるとともに、歯の病気を予防する場所でもあるのです。
歯が悪い悪くないに関わらず定期的に歯科医院に通って診断を受ける習慣は、欧米では定着していると言われています。
これは健康に関する意識の高さが原因であることはもちろんですが、医療保険でカバーできる歯科医療の範囲が狭いという経済的な理由もあるとのことです。
このことは、公的医療制度が充実している日本においても当てはまります。
悪くなってから高額な治療を受けるよりも、安い費用で定期的な診断を受けておいた方が、長い目で見れば負担が軽くて済みます。

現在、多くの歯科医院では予防歯科という診療科目を設け、定期的な検診プログラムを提供しています。
その際基本となっているのが、プラークコントロールという考え方です。
プラークは歯垢とも呼ばれ、歯の表面に付着した細菌の塊のことを指します。
口をゆすいだ程度では落ちず、放置しておくと虫歯や歯周病の原因となります。
プラークコントロールはこの歯垢を除去するとともに、付きにくくするような予防措置を講じることをいいます。
プラークコントロールの根幹をなすのは家庭での歯磨きですが、磨き方が十分でないと歯垢が残ってしまうことがあります。
そこで予防歯科では、歯の状態をチェックして正しい歯の磨き方に関する指導を行います。
また、歯垢が付きにくい環境を作るため、歯石を除去したり、食生活に関する指導を行ったりします。